グリセリン

われらが盟友の一



とりあえず一番有名なケンエーとファンタジーで。

一般にVGなどと言われますね。Vegetable Glycerinの略で、植物性グリセリンのことを指します。
石鹸などを作るときに副産物として生成されます。
植物性だろうと化学合成だろうと分子構造が同じなら同じものなんですが、なぜか植物性のほうが体にいいと思う人が多いのでわざわざ植物性などとつけているんでしょう。

日本薬局方のグリセリンは濃度84%~87%で、あとは精製水で製造されます。
どのメーカーのものでも日本薬局方に従っているものならば、絶対にこの数値になります。品質もすべて同じです。

Flavour ArtのフレーバーのVelvet Cloudの設定がグリセリン80%水20%なのでそのまま使ってもいい感じです。
Traditionalの場合はグリセリン55%にプロピレングリコール35%に水10%とこれまたそのままでいける配合になっています。

ファンタジーグリセリンもいいのですが、精製水を足すような使い方をしているのなら価格の安い日本薬局方のグリセリンでいいかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*