HOITO RDA 1st 18

日本設計 18mm MtL RDA

レタパライトでも破損はないでしょう、というパッケージはコレでした

最近このパッケージ流行ってますね

ケースを開けてみます

にっちり詰まってる……

中身を取り出してみます

いろいろ入ってるけど説明なしのストロングスタイル

22-18スラントリング、トップキャップ用Oリングと、この小さいOリングはなんだろ……?BFピン/ノーマルピンの出方調整?
本体にはBFピンが装着されています
アレンキーはBFピン交換に使うもので、ノーマルピンはマイナスドライバーですね。あとデッキの交換用ネジ。概ね普通のRDAの添付パーツという感じです

3ポール。3ポール?

デッキはこんな感じ。3ポールなのはコイルの巻きに合わせて使えるように、かしら。多分そうだろうと信じています
BF運用しないのでピンを交換するために裏返し

念の為シリアルナンバー隠し

付属品のアレンキーで外して、ノーマルピンに変更します

念の為(以下略)

交換するときに注意が一つ。BFピンなりノーマルピンなりを抜くとデッキの2ポールパーツがすっぽ抜けます。逆にパーツがないとピンが止められません

28GA 2.5mm 9巻 1.8Ω

久しぶりの非サブオーム。Russianとか巻く気分で巻いてみました

横から見たところ。ちょっとガタついてますね

念の為焼いてコイルきっちり整形してからコットンを通します

コットン量はかなり少なめ、ウェルも深い方ではないのであまりリキッド保持は期待できませんが、まあ1.8Ωでやるからいいかな、と

ドーム型トップキャップ

トップキャップはドーム型に絞り、付属のドリップチップと一体になるように作られています。エアフローコントロールは一応無段階で出来ますが、フルオープンですらかなりきつめでMtL向けなのだなあ、という感じです

テイスティングリキッドは8th sin hadopelagic 52-hertz whale limitedを選択しました。8th sinリキッドは火力に対する対応力が高いのでこういうテイスティングには便利です
軽い清涼感と甘みが明確に上がってくるのはボトムエアフロー+18mm狭小チャンバー+ドームキャップの効果かなあ、と
他に手持ちのリキッドをいくつかテイスティングしてみましたが、リキッドをそれなりに選びます。爆煙で美味しいリキッドは当然全く合いません
最近お気に入りのリキッドがうっすらタバコ味というかWestern味だったのは予想はしていましたが、やはり無理だったかーという感じでした

デッキの形状から大きなコイルは無理ですし、エアフローからすれば単線1.5~1.8Ωあたり、10W前後の緩やかな運用が求められるRDAです。方向が明確で迷いがないのは素晴らしいですが、制限でもあります
そしてシリアルナンバーからすると再生産はないと思われるところも大きなマイナスです
ただこのあたりのRDAって人気がないのか割とあっさりディスコンしてしまうくらい需要が薄いからしょうがないというのは理解できますが、ビジネスに絡めたときにボックス+爆煙って喫煙所でも厳しいと思うのですよね。14~16mmのRDAにeGoもしくは14500メカニカルというのは大人アイテムとしてありだよなあ、と思っています

HOITO 18mm RDAはまだ50個在庫がある(2019/2/12現在)とのことなので次回発売を狙うのもありでしょう
あるいはv2の登場が予告されています。気になる方はそこを狙うのもありです
ただ今の販売担当と配送担当は(仮に話が本当だとしても)ちょっとありえない対応の連続なので大きなマイナスですね

うーん……

この販売管理、発送管理ならば他の人には勧めにくいですね
改善を期待しています


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください