Subtank Mini OCC ニッケルリビルド(2/2)

リビルドは面倒くさかった。

OCC_Rebuild_07

コイルは2.5mm軸で。これはOCCのハウジングに開いているリキッド供給ホールサイズが2.5mmよりちょっと大きいくらいなのでこれに合わせました。理由は後述します。
0.15Ωを目標に8巻します。

OCC_Rebuild_08

コイルを巻いたら中に入れます。

OCC_Rebuild_09

ホール位置にコイルを固定するため、軸を差し込みます。この作業が必要なので2.5mm軸である必要がありました。これをやっておかないとコットンを通すときに大変苦労します。

OCC_Rebuild_10

ゴムを片方の足に通し、もう片方の足には通さず差し込んでいきます。

OCC_Rebuild_11

これが絶縁を兼ねているので、両方の足を通したり、逆に通さずに栓をするのは厳禁です。

OCC_Rebuild_12

金属栓を差し込んでいきます。

OCC_Rebuild_13

はみ出たコイルの足を切り落とし整形します。これでコイルの設置は完了です。

OCC_Rebuild_14

軸を抜き取り、コットンを差し込みます。軸を通してコイルの位置をジュースホールと一直線にしてあるので、通すのはそれほど難しくありません。ただ差し込むときにどうしてもコイルが偏ります。上から覗いてコイルの形が崩れそうになったら精密ドライバーなどで整形してやります。

OCC_Rebuild_15

コットンを切り落とし、その後はみ出た部分を押し込んでいきます。リキッドで軽く濡らしてやると押し込みやすいです。
この時も上から覗きこんでコイルの型崩れを修正しながら押し込んでいきます。
Subtank Mini OCC ニッケルリビルド(1/2)へ移動


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*