The Council of Vapor MiniVolt

小さなVW機


ケースバッキバキだったので取り出したあとから。
MiniVolt
充電用のUSBケーブルと本体です。とにかく小さい。
MiniVolt 01
510接続、スプリングロードは最近の基本ですね。
MiniVolt 02
OLEDにはWとバッテリー容量、抵抗値、Ramp modeが表示されます。
充電用USBポートは底面。まあここに置くしかないですね。
MiniVolt 03
側面にはFire / Up / Downスイッチが有ります。
MiniVolt 04
取扱説明書と警告カード。
MiniVolt 05
文面、光っていて見えませんが、「0.2Ω未満は使えません。バッテリー寿命の観点から0.8Ω以上での運用を推奨します」と書いてあります。

操作はそれほど複雑ではありません。
電源のOn /OffはFireを素早く5クリック、の5クリックロックです。この辺は変わらないですね。
電力調整は、FireとUpを同時に押しっぱなしにします。するとW表示が点滅するので、Up/Downでコントロールできます。決まったらFireボタンをクリックすることで決定になります。
Ramp modeというのは電力供給の勾配を決めるものです。Power / Standard / Soft の3種類から選べます。要は立ち上がりの良さを決めるものですね。
これはFireとDownを同時に押しっぱなしにします。するとRamp modeの文字列が点滅するのでUp/Downで切り替えられます。決まったらFireボタンをクリックすることで決定になります。

グループバイで購入しましたが、そのうち、日本国内にも入ってくるかとは思います。


記事内の写真はすべて私が撮ったものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*