GP Piccoloid v2

14500使用のコンパクトメカニカル


14500を使うPiccoloとSpheroid RTAをGPinという専用接続で繋いだハイブリッドMODになります。
Piccoloid 22
Ultemタンク仕様にしてみました。
パッケージはこんな感じ。おしゃれです。
Piccoloid 01
スライドさせると小さな箱が2つ出てきます。Piccoloid 02
Piccoloですね。チューブと予備パーツが入っています。
ブラシ仕上げで、ロックリングはポリッシュになっています。
Piccoloid 03
ロックするとこんな感じ。ほんの少し隙間があきます。
Piccoloid 04
次の箱を開けてみます。
Piccoloid 05
Spheroidが入っています。下の白いもの、これはウィックではなくフィラーです。タンク内にフィラーを詰めてリキッドを保持するようにするのがSpheroidの標準的なセットアップ法なのですが、使わなくても意外と保持します。
Piccoloid 06
GPinが見えますね。エアフローは無段階調整になります。
全部閉じるとこんな感じ。
Piccoloid 07
タンクを外します。
Piccoloid 08
小さなチャンバーが出てきます。
チャンバーを外します。
Piccoloid 09
エバポレーションチャンバーは狭く、ポスト間の距離かなり詰まっています。
エアホールは大きいので意外と低抵抗でも行けそうですが14500バッテリーなのであまり攻めたセットアップはしないほうがよいかと思われます。
エバポレーションチャンバーのキャップのスリットが中央にないのはそもそもエアホールが中央にないためのオフセットになります。
タンクをバラします。
Piccoloid 10
一応ここまでばらせるのは理由があります。
もう一つの箱を開けてみましょう。
Piccoloid 11
なんか小さなパーツが一つ入っています。
Piccoloid 12
ULTEMのタンクパーツです。バラせる理由はこれです。
Piccoloid 13
こんな感じでステンレスボディかULTEMボディかが選べるのです。
タンクの中を見てみましょう。
Piccoloid 14
なんかどこかで見たような。そう、EVODなどと同じような構造になっています。なのでリキッドはまわりのエリアに入れます。真ん中に垂らしたらそのまま下へズドーン、です。
セットアップ前にデッキをバラしてみましょう。
デッキ側は実は差し込まれているだけです。
Piccoloid 15
Spheroidには510コネクターもあります。510接続する場合は別売りの510コネクターに換装することになります。
上から見てみましょう。
Piccoloid 16
絶縁のPEEKが見えますね。
では元に戻します。エアフローの構造を見ましょう。
Piccoloid 17
エアフローリングは無断階でコントロールできる=何も支えがありません。向きがありますので抜けた場合は正しい向きに差し込む必要があります。
Piccoloid 18
やはりポジネガのピンが近い。太いワイヤーは向かなそうなので30GAで2.5mmスペースドで仕上げてみます。
Piccoloid 19
こんな感じ。エアホールに合わせるために若干足を曲げてやる必要があります。1.8Ωで仕上がりました。
コットンを通します。コットンはゆるすぎずキツすぎず
。とはいえ2.5mmは最も使っているので指で適当に裂いてもほぼピッタリのサイズになるようになりました。
Piccoloid 20
リキッドをコイルに垂らして少しウィックに浸透させてからエバポレーションチャンバーのキャップをつけます。
Piccoloid 21
コットンを短く切り落とし、チャンバー内のスリットにやや押し込み気味に入れ壁を作ります。
タンクにリキッドを充填してからセットします。
Piccoloid 22
こんな感じ。なかなか渋いですね。

1.8Ωと割と高抵抗ですがミストは豊かでフレーバーのノリもよく実に美味しいですね。
Piccoloのスイッチは非常にストロークが短いのですがミスファイアもなく気持ちのいいスイッチになります。その上リセスタイプなのでロックせずに机に立ててもファイアしません。
ロックは逆ネジで半周でロックと解除が出来ます。
高い精度と安定した味、実に良い物だと思います。

難点は2つ。
デッキがスッポ抜けやすくなっていて、セットアップで少し苦労しました。もう少し固定が強くてもいいんじゃないんでしょうか。
逆にタンクボディの固定はガッチガチで抜けるかどうか不安になるほどでした。

まあこの2点、いずれも個体差だとは思いますしさほど大きな欠点ではありません。全体的に満足度の高いいいMODです。

購入先:VAPECHK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください