DDP Vape DDP One

これはもうこうビルドするしかないでしょう

こんなパッケージで届きます。シュリンクフィルムで保護されていますね

シュリンクを剥がしてみましょう。右側に段差が見えますね。ここから開きます

こんな感じ

中身を取り出していきます

小さな巾着にアトマイザー本体が入っています

他には予備のOリングとデュアルウィック用スペーサーですね

トップキャップとエアフローリングを外してみます

エアフローリングはネジ止めのドリップチップを外してからになります

どちらもOリング固定なのですぽっと抜けます

シングルウィック用のスペーサーはアトマイザーに取り付けられた状態で届きます

トップキャップの裏側にエアフロー用のドームパーツがくっついています

シングルウィック用のスペーサーとこのドームとの効果でエバポレーションチャンバーは狭小になります

トップから吸気し、ドーム外側に沿ってエアは流れ、ウィックのすぐ脇の位置にある穴からドーム内部へ引き込むという流れです

 

タイプとしてはRDTAになるんでしょうけども、この形なら当然こうします

2.5mmの7×7ステンレスワイヤーと#500ステンレスメッシュ。しっかり焼いて絶縁して巻きつけます

巻きつけたあとにワイヤーカッターで17mmまで切り詰めます。この写真ではちょっと長めですね

30GAで5巻。1.6Ωくらい

あとはホットスポットを取って、スペーサーつけて、キャップをかぶせて出来上がり。さっくりセットアップです

 

気をつけないといけないのはセンターポストの根本のPEEKにワイヤーが当たらないようにすること、17mmまでウィックを切り詰めること。20mmあると多分ドームに干渉します。

狭小チャンバーの生み出す豊かなフレーバーがなかなかいい感じですね。コレはいいものですが、入手性はどうなんでしょうね

購入先:VAPECHK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください