Raptor

デュアル~シングル対応縦コイルドリッパー


raptor-1
下に開いているこの二つの穴、エアホールです。
raptor-2
デッキはこんな感じ。縦コイルで設置します。ウェルは深く、チャンバーは狭いのでおいしそうなデッキですね。
raptor-3
ウェルに窪みがあります。ここから考えると、ビルドはステンレスメッシュウィックを想定しているようです。
実際コットンウィックでセットアップする場合、深いウェルがコットンのセットを難しくします。

ダイアルになっているのは、エアフローコントロールです。0の位置に合わせると全閉になり、1の位置で全開です。
シングルで運用する場合はウィックをセットしないほうのエアフローを全閉にします。

デュアルでセットアップし0.6Ω。普段からすると低めの抵抗値なので念のためフロー全開にしたところルーズドローどころかスッカスカで軽すぎて味も悪い状態でした。
おそらくはこのルーズセットアップはもっと低抵抗で使うものなのでしょう。0.6Ωならエアフローをもっとタイト目に振ることでおいしくなりました。

このエアフローが引き起こすもう一つの問題点があります。騒音です。
Raptorはかなりうるさいアトマイザーになります。エアフローが近い形のNOMADもかなりうるさいですがRaptorはさらにうるさいです。

セットアップはちょっと面倒でうるさいアトマイザーですが味はよく出るドリッパー、という感じですので万人受けするとはちょっといいがたいですね。

購入先:The Attysmith


3コメント

  1. コメントはご無沙汰しておりますが、
    ちょくちょく覗かせて頂いてますm(u_u)m
    このアトマはエアホールからリキッドや水滴は漏れませんか?

  2. エアホールを下側するように傾けると漏れることがあります。これはちょうどエアホール側がパディングされていて、そこにコイル用のエアが開いているため、多めにドリップしている状態で方向けるとエアホールにリキッド到達して漏れる、という感じですね。
    エアホールを上側に向けることを意識していれば漏れることはないです。

  3. なるほど。
    参考になりました。
    いつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*