霧流れをいろいろなアトマイザーで味わう

なんとなく思いつきでやってみた


甘いと評判の霧流れ。環境が変わると味が変わります。そりゃそうですよね。
すでにドリッパーとGenesisはやっているので、タンクと、ちょっと変わったスターターでやってみました。

K.Loudの場合
1.2Ωセットアップ。満充電のメカニカルで味わいます。
ハニーデューとカスタードのバランスはMicroDripとほぼ同一です。
やっぱりこれくらいでも美味い。サブΩだけではなく1.2~1.8Ωくらいでも味わってみることをおすすめします。素晴らしい。

eRollの場合
スペックによるとバッテリーは3.7V、アトマイザーヘッドはノーマルなものを使っているので2.2Ω。計算上は6.2Wの低火力となります。
カスタードはかなり遠くに下がり、ハニーデューも遠慮がち。でも煙量は豊富です。
チェーンしてもハニーデューがちょっと顔を覗かせる程度で甘みがあるな、くらいです。
吐き出した煙は甘い香りがかなりあるのですが、なかなか謎な状況になります。
供給に難があるアトマイザーなので不安に思っていましたがドライヒットもなくタンクラストまで行けました。

MicroDripで美味しかったのでK.Loudもまあ行けるだろうとは思っていました。ここは予想通り。
eRollは供給が厳しいだろうなと思っていたのでドライなくいけたのは予想外でした。味に関しては甘みは控えめ、ハニーデューも控えめなので甘いのが苦手な人はeRollでって、その前に甘いのが苦手な人は霧流れ買わないですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください