Circle of MOD Mirandus RDA

縦コイルビルド


Circle of MODで統一。実にしっくりきますね。
Mirandus RDA Setup
パーツを見ていきます。
Mirandus RDA 05
上からトップカバー、トップリング、アトマイザーデッキ、エアフローコントロールリング、トップキャップになります。
トップカバーとトップリングとトップキャップはスレッドで固定されます。ここは機能的な分割ではなくデザイン上の分割になります。トップリングはブラスパーツもあります。
エアフローコントロールリングは位置調整を行うことで1~2ホールを選べるようになっています。
トップキャップの内側にリングを仕込むことでエアフローコントロールを行います。
Mirandus RDA Setup 01
Mirandus RDA Setup 02
Mirandus RDA Setup 03
Mirandus RDA Setup 04
今回は2ホール、フルオープンを選択しました。
デッキにコイルを固定します。ポールに穴があるのでそこに足を通し、センターテーブルに反対側を止め、バーティカルコイルで固定します。
Mirandus RDA Setup 05
コットンを通します。割と適当。
Mirandus RDA Setup 06
ウェルも深めでサイドホールは割と上めに設定されているので漏れにくい構造になっています。
見た目の上品さに反してドローは軽く、0.5Ω程度でも余裕回りします。
内部にエアフローコントロールリングがある上にトップキャップもやや肉厚のため、エバポレーションチャンバーが狭くなっており、サイドエアフローのドリッパーにしては味が濃く出ます。
そのうえエアフローの余裕から爆煙設定も可能。なかなかに面白いアトマイザーです。

購入先:Circle of MOD

記事内の写真はすべて私が撮ったものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*