ASTER

PICOの形違いですがファームは微妙に異なります


シオン属(学名 : Aster)は、キク科の被子植物の属の一つである。約180種含まれ、1種を除いてユーラシア大陸に自生している。Aster alpinus spp. vierhapperi北アメリカ大陸に自生する唯一の種である[2]。かつてシオン属に属していた多くの種は、シオン連のほかの属に含まれている。


こんな箱です。ちょっとポップな感じを出そうとしてる?
ASTER 1
裏。スクラッチコードとかシリアルナンバーとか。意味があるかどうかは知りません
ASTER 2
中にはASTERが入っています。今回は黒を選びました
ASTER 3
箱の下にはマニュアルと保証書、USBケーブル。USBは充電、ファームウェアアップデートなどに使います
ASTER 4
蓋はマグネット式で上下の区別があります
ASTER 5
ハウジングには±のマーク入り。逆接保護はついているということですがわざわざ逆接しなくてもいいでしょう
ASTER 6
パフボタン、upボタン、OLEDディスプレイ、downボタン、USBポート。まあ普通ですね
ASTER 7
510はスプリングロードで22mmを超えるアトマイザーでも干渉物はないため接続可能ですが、スリムボディなので22mmまでのアトマイザーがよいでしょう

マニュアルはファームウェア1.01基準で書かれていますが、入っていたASTERは1.00でした。Smartモードがなくて何事かと思いました(小並感)
すでにWeb上1.03が公開されていますので1.03にアップデートしましょう

操作方法は以下の通り

5-Click

オン・オフ切り替え

オフ状態操作
Up+Downを押し続け
ディスプレイ方向反転
ファイア+Upを押し続け
TCR設定/プリヒート設定(1.03以降)
ファイアを押す毎に設定が切り替わります
プリヒートは1.03で追加された機能で、VWモード時のファイア直後についてVW設定を上書きする機能です。ここではWと時間を指定します
VWモードでファイアボタンを押した時にVWの設定がどうなっていてもまずはプリヒート時間、プリヒート設定Wで動作し、その後VWの設定に変わります
例えばプリヒート10W、2秒間と設定すると、VWで75W設定になっていても2秒間は10Wしか出力されません(これだとプリヒートというより緩やかな暖機運転ですね)

オン状態操作
2-Click(1.01以降)
ロゴ表示設定
3-Click
モード切替
VW/Bypass/Smart(1.01以降)/TC-Ni/TC-SS/TC-TI/TCR M1/TCR M2/TCR M3
VWモード時ファイア+Up長押し(1.03以降)
表示情報変更。パフカウンター、トータルパフ時間、バッテリー残量表示最大(1.01相当表示)電圧表示(1.00相当表示)
TC時ファイア+Up長押し
抵抗値ロック
ファイア+Down長押し
ステルスモード切り替え
Up+Down長押し
Up/Downボタンロック

操作方法はiStick PICOと同じですね。カスタムロゴ(1.01以降)のフォーマットも同一なのでPICO Logo Makerもそのまま使えます
ファームウェアバージョンも同じなのでバイナリも同じなのかと思ってチェックしてみましたが、微妙に異なるようです

PICOに比べればスリムな分長くはなりますが十分許容範囲で、意外と質感も悪くない。お手軽VW/TC MODの定番としてASTERという選択も充分ありかと思います

In’Saneと合わせてみたところ。意外とイケてません?

購入先:3pcs vape(現在店頭販売のみ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください