LindwurmとWyrmの話

刺される覚悟完了

まずはバトルBGMでも聴いて。かっこいいよね(話題そらし)

今回のリキッドのコンセプトは「なるべく安くてそれでいて美味しく」でした。その為フレーバーはケチり気味です。結果フレーバーのノリが悪くなるMax VGではなくプロピレングリコールをだいぶ添加しています
そもそもこの2つ、カクテルがベースなのでメンソールを足すことを基準に考えていました。これもまたプロピレングリコールの増量原因の一つとなっています。Lindwurmには足していませんがこれは参加者にメンソールが苦手な人がいたためメンソールを添加しないならばどちらだろう、と考えた結果です
Lindwurmもメンソールを足すとまた印象が変わるはずです

ではレシピを公開します

Lindwurm

  • TPA Absinthe II 4%
  • TPA Strawberry 6%

Absinthe Strawberryというカクテルを目指して、細かな要素を削り取りました。というかメインしか残していません
TPA Strawberryはかなり甘いのでカクテルに入っているシロップを省略、レモンはプライーターになりがちなので省略、ウォッカはアルコール濃度調整だろう省略(乱暴)
結果こんなレシピになりました。安いのに美味しい。コンセプト達成

Wyrm

  • TPA Absinthe II 6%
  • FW Green Goblin 16%
  • FW E-Caffeine 4%
  • メンソール少々

こちらはJägerbombを参考にしています。本来はJägermeisterを使うところを同じ薬草系だろうということでアブサンで代用しています(乱暴)。FW Green Goblinは国内入手性が悪いのでTPA Energy Drinkで代用する場合は5~6%あたりで様子を見てみてください。カフェインは薄く苦味を出すために足しましたがあまり効果はなかった感じですので抜いても大丈夫でしょう
これも単純なレシピですが美味しい。コンセプト達成

アブサン香料は失敗したときのリカバリーなどに使いまわせるので一つ持っておくと自作する上で便利です。今回はこのユーティリティプレイヤーをさらにメインに据えることで自作のハードルを下げられるよね、という期待もあります
どうでしょうかね?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*