RSST-Cまき直し

ウィックから作り直しできるのかどうかのテスト。


ネジを外してウィックを引っこ抜いた後、手持ちのワイヤーを突っ込んでみる。
2.5mmでもスカスカ。3mmなんて持っていないので2.5mmを適当に切る。
#500のステンレスメッシュを2周、24GAを巻いて0.4Ω。

固定はコイルコアが引っこ抜けるのでUD AGA-T3に比べればはるかに楽にセットアップできます。
すいすいと固定して、ホットスポット除去。かなり楽です。

ウィックから再セットアップ可能ということはかなりコストを落とせます。
コストパフォーマンスの高いアトマイザーですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください