MK Lab こいこい 雨流れ

MK Labクニさん渾身の一撃


クニさんに少しお話を伺いました。
「MK VAPEを作った時から時代が変わって、クリアロマイザーでもサブΩが当たり前の爆煙時代になったので、サブΩでしっかり味の出るリキッドとしてこいこいはデザインしている」
ということでおすすめはサブΩなドリッパーやクリアロマイザー。サブΩ環境では運用が難しいGenesisはあまりおすすめしないとのことでしたが、私はGenesisを愛する人、テイスティング環境にGenesisを含めないわけには参りません。
用意した環境は以下のとおり。


アトマイザー 抵抗値
Evil Monk 0.4Ω
MicroDrip 1.4Ω
CHIMERA 0.7Ω
K.Loud+g 2nd batch chamber 1.4Ω

一応、サブΩと非サブΩの「うまい」と思っているアトマイザーを用意しました。すべてメカニカルの満充電バッテリーで味わいます。

まずはリキッドの素の匂い。甘い香りの裏になにかがいて、どこかで嗅いだことのある懐かしい匂い。
しばらく考えて、思いついたのは五色バナナ。懐かしいわけです。

Evil Monkの場合

吸い始めに控えめな酸味。その後は甘みが押し寄せます。吐き出すときは甘みのみ。
最初の酸味があるためチェーンしていても甘みに負けず、というよりもむしろチェーンしたくなる味です。
吐き出したあとの煙に頭を突っ込んで嗅いでみましたが印象はちょっと違う。粉っぽさを何故か感じ、青臭さのあるやはり五色バナナ。なかなか不思議です。

MicroDripの場合

終始控えめな酸味。甘みは下がります。吐き出しは甘みのみを感じます。
酸味がよいバランスでチェーンしても美味しい味です。
吐き出したあとの煙に頭を突っ込んでみました。こっちは粉っぽさと青臭さがなくなり甘い香りで、プッチンプリンのカラメルがないところ。

CHIMERAの場合

酸味が薄いトーンで終始存在、甘みに圧倒されます。吐き出しは甘みのみを感じます。
チェーンすると甘みが強すぎ、クッションとなる酸味があまりにも遠いためちょっとつらい感じです。
吐き出したあとの煙は更に濃厚なプッチンプリン。これはちょっと場所を選びます。

K.Loud+g 2nd batch chamberの場合

酸味が薄いトーンで終始存在、甘みは濃厚ではあるものの圧倒はされません。吐き出しは甘みのみを感じます。
チェーン時には薄いトーンの酸味が甘さを包むためおいしく楽しめます。
吐き出したあとの煙はプッチンプリン。これはいいバランスで美味しいです。


サブΩドリッパーの場合のバランスがおそらく目指したところなのだと思います。最初に爽やかさを入れてからの怒涛の甘み。バニラ&ドラゴンフルーツということになっていますが、おそらくはカスタード方面。バニラはあまり感じません。
Genesisで味わうとバランスが変わるのか酸味がずっと裏に潜みます。サブΩ領域に放り込むと甘みも強烈に上がってくるため、GVC原液で行けるような人ではないかぎりなかなか厳しい味になります。
甘さがキツすぎて苦味を若干感じたのは久しぶりでした。

甘いもの好きなら一度は試して欲しいリキッド、それが国内入手可能なんて素敵じゃないですか?

11/5から一斉販売開始だそうですので、MK LabのサイトからPRODUCTS→Koi-Koiで要チェックです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*